ご購入はこちら
                                 
めだかタワーレビュー

NEWS

                                                      
2018/8/26
「第11回街中だがしや楽校 in 三嶋大社・ゑびす参道」にめだかタワーを出品致しました!
2018/8/10
地元ラジオ局「ボイス・キュー」にてめだカンパニーが紹介されました!
2018/8/6
お客様の声をアップ致しました!
2018/6/27
めだカンパニーオープン致しました!

ABOUT

めだかタワーってどんなもの?

近年ブームになりつつあるメダカの飼育(しいく)。
飼育をしながら楽しく生態を学ぶことができる
専用の容器です。

容器(ようき)自体が軽く、やわらかく割れにくいため、お子さ
までも安全にあつかうことができます。 容器をたてにつみ
かさねることができる構造(こうぞう)なので、飼育(しいく)スペ
ースをとりません。

POINT

めだかタワーのポイント

大きい容器(ようき)の中に小さい容器が入った二重構造
(にじゅうこうぞう)によって、中に入れたメダカがはっきり、
キレイに見えるしくみになっています。
また、つみかさねた容器ごとにメダカの種類を分けて
飼育 (しいく)することができます。

なぜキレイに見えるの?

めだかタワーは、光が曲がる現象(げんしょう)(光の屈折※1)を利用しています。
空気⇒すいそう⇒水 と2回光が曲がり、 魚に当たってはね返った光がふたたび、水⇒すいそう⇒空気と曲がります。 この光が曲がる現象(光の屈折)によって、水中の魚は拡大して見えるのですが、めだかタワーの容器は二重になっているため、 屈折がさらにたくさん起こり、大きくキレイに見えます。

すいそうを二重にすることによって、 魚が見えにくくなる現象 (光の全反射※2)が起こらないため、見た目がぼうちょうすることなく、見えにくい角度でもメダカがキレイに見えるのです。

※1 光の屈折(くっせつ)とは?
光を通すものには通った光を曲げる性質があります。

※2 光の全反射(ぜんはんしゃ)とは?
光を通さずに表面で反射(はんしゃ)してしまう現象です。 反射(はんしゃ)してしまうと人の目に光が届かずに 中のものが見えなくなってしまいます。

一般的にメダカの飼育(しいく)では、トロ舟と呼ばれるプラスチックケースや、 ガラス、アクリルのすいそうがよく使用されます。 本格的に飼育をはじめると容器(ようき)の数が多くなるため、こういった容器だと、お部屋にスペースをとってしまいます。 そこで、容器自体を積みかさね、スペースをとることなくメダカを飼育できるような容器にしました。また容器そのものがやわらかいため、落としても割れにくくなっています。

MESSAGE

開発者の思い

「めだかタワー」の開発は、実際にメダカを飼育する立場で、「どんな水槽が欲しいか?」と考えるところから始めました。

すいそうの試作を重ねるうちに、メダカの面白さにどんどん魅了(みりょう)され、「メダカ文化をもっと世の中に知ってもらいたい!」という思いから、自由研究として親子で学べるセットを作りました。

自由研究用に・観察がしやすい・スペースをとらない・
メダカが快適(かいてき)に過ごせる...などのモットーを満たすために、
何度もモデルチェンジをおこない、ようやく完成しました。

DETAIL

めだかタワー商品詳細

[セット内容]
・大容器...3個  ・小容器...3個
・ガイドブック  ・実験セット

※メダカ、水草は含みません

【1】飼育容器を洗剤を使わずに水洗いする。
【2】水を入れる。(大容器...約400ml 小容器...約550ml )
【3】大容器のくぼみに小容器の足をセット
【4】1日そのままにしておく。
すぐに始めたい場合は、カルキ抜きを使って水のカルキを抜く。

【5】30分程度、もともとメダカを入れてある容器と飼育容器を並べて置いておく。 (突然の水温変化でメダカがびっくりしてしまわないように、温度をあわせるため。)
【6】メダカをゆっくり飼育容器の中に入れる。 1つの容器で1~3匹程度飼えます。

【7】飼育は一般的なメダカ飼育法で行います。

めだか飼育のポイント

  • 餌の量

    餌は一日2回くらい、食べきれる量をあげてください(一つまみくらい) 。 やりすぎは水を汚してしまう原因になるので、気をつけましょう。

  • 水の交換

    週に1~2回、水の交換を行いましょう。 メダカは餌を食べてフンをします。 フンは水を汚してしまうので、1/3程度の水の交換をこまめに行ってください。 交換する水はカルキを抜いたものを用意します。 ペットボトルなどに貯め置きしておくと便利です。

  • 底床と水草

    低床(ていしょう)を引いておくと、発生したバクテリアがフンを分解してくれるので、水替えの回数が減ります。
    また、水草を入れることによりフンが水草の栄養になるので、 水替えの回数が減ります。

めだかタワーで飼育できる魚について

エアレーションのいらない魚なら、基本何でも飼育可能です。例)金魚 , ベタ etc…

※容器の大きさはメダカ用なので、体の大きな魚には過密飼育となり窮屈(きゅうくつ)です。適切な使用をお願いします。

products

ご購入はこちらから

めだかタワー

めだかタワー

1,480円(税込)

[セット内容]
・大容器...3個  ・小容器...3個
・ガイドブック  ・実験セット

※メダカ、水草は含みません

2重構造によってメダカを観察しやすく、飼育をしながら楽しく
生態を学べるキット。実験セットを同封しているため、すぐに
実験を始めることが出来ます。重ねる形状により、飼育スペースを
取りません。

ご購入はこちら

単品商品

めだかタワー 容器(大)

容器(大)

めだかタワー 容器(小)

容器(小)

ページトップ